3DCAD/BIM・3DCGファイルのAR/MRみえる化ソリューション

6113_mixpace_banner


Movie


mixpace(ミクスペース)とは

3Dデータを簡単に現実空間でAR/MR表示

mixpaceは3DCADやBIMで作成した設計データを自動でAR/MRに変換する製造業・建設業向け可視化ソリューションです。 シンプルな手順でリアルな空間にバーチャルなオブジェクトを重ね合わせて、レビュー、検証、デモなどの用途で活用できます。

クラウドベースの3Dデータ変換・管理サービス

クラウドベースなので、どのデバイスからもWebブラウザ経由でmixpaceの3Dデータ変換・管理サービスをご利用いただけます。クラウドストレージに複数種類のデータを保管しておき、必要なデータをダウンロードできます。営業先などの遠隔ロケーションでも最小限の機材でいつでもAR/MRビューイング体験が可能です。

Azure Active Directoryの高いセキュリティ

mixpaceのユーザー認証にはMicrosoft が提供するクラウドベースの ID およびアクセス管理サービスAzure Active Directory (Azure AD)を活用しています。統合的なID管理によりPCやHoloLens 2、iPadと異なったデバイスからのサービス利用を高いセキュリティで実現します。


対象ユーザー

3DCAD・BIMデータの活用をお考えのすべての方へ

HoloLens 2やiPadの様なモバイルデバイスでは、処理能力の問題で3DCADやBIMデータをそのまま表示することができません。mixpaceでは3DCADデータのモバイル向けデータ最適化を自動で行うので、3Dデータ処理やアプリ開発の専門知識がない方でも簡単なステップで3DデータのAR/MR表示を行えます。


用途

AR/MRデザインレビュー

設計した3DCADデータを現実空間に3D表示させることで、デザインレビュー、ユーザビリティ評価、配置検証、現物との比較を手軽に実施できます。

施工検証

元のCAD・BIMデータを現実空間に重ねて表示することで、変更があった箇所を一目で直感的に確認できます。 現場での施工実績との比較や配置検証にご活用いただけます。

製品3Dプレゼンテーション

元の3DCADデータから、製品イメージを現実空間に原寸大や任意のサイズで3D表示します。製品現物がその場になくても、貴社クライアント様に臨場感にあふれる製品プレゼンテーションを行うことができます。


対応3DCAD / BIMファイル形式

次の3Dデータファイル形式に対応しています

2664_20220926_web
※赤文字の拡張子:standard + Rプランのみ対応
※青文字の拡張子:β版提供中

  • 変換後の3Dデータの表示品質は元のデータの性状によって異なります。
  • 変換対象ファイルの推奨サイズ:上限 1.5GB / 1ファイル(ファイルの性状によって変動します)。
  • .3dmの変換機能は開発中のものであり、ユーザーの皆様からより多くのフィードバックを得るためにβ版としての提供となります。
  • 2Dファイル、アニメーションやTimeliner機能、点群の変換・表示には対応していません

システム構成

mixpaceは対応する3Dデータをアップロードするだけで、専用のクライアントアプリで表示可能な形式に自動で変換・最適化を行います。
提供するサービスは最適化を行うユーザー様専用Webサイトと、変換済3DデータのAR/MR表示を行うクライアントアプリ(HoloLens 2/iPad)で構成されています。


料金・申し込み方法

mixpaceはSB C&S株式会社より提供されています。
料金、申込み方法は、http://biz.cas.softbank.jp/mixpace/ にてご参照ください。


mixpaceメールマガジン

mixpaceサービスとアプリに関する最新情報、イベント・セミナー情報、新サービスのご案内などをお届けします。※無料