DWGの単位とスケールの調整方法

Tips 変換 2021-08-19

mixpaceはDWGにも対応していますが、DWGデータの作りによってはmixpace変換後に3Dモデルの大きさが変わってしまうことがあります。

mixpaceはDWGファイルの単位設定を反映しますので、DWGの単位とスケールが正しく設定されている事をご確認ください。

以下にAutoCADでのDWGの単位設定の設定手順と注意点についてまとめました。
※AutoCAD ArhcitectureやCivil 3Dの場合も同様です

DWGの単位設定

AutoCADでは単位や尺度に関する名称がいくつかありますが、「作図単位」 がDWGファイルの単位に関するものです。

この「作図単位」を設定するには-DWGUNITSコマンドを使用します。

17850_20210817_174959

<1>と表示されています。
山括弧<>は現在選択されているものを示すので、このDWGファイルの単位は「インチ」となっている事がわかります。

「ミリメートル」へ設定する場合はここで3を入力しエンターで確定します。

17849_20210817_174821

※コマンドの詳細やオプションについて詳しくはAutodesk公式のこちらを参照ください

注意点

図面ユーティリティの 「単位管理」ダイアログからはDWGファイルの単位は変更出来ません。

17826_20210817_172527

「図面ユーティリティ」>「単位管理」を開くことで単位に関する設定ダイアログが表示されますが、ここに表示される「挿入尺度」はあくまでドキュメントへ別のファイルを挿入する際の尺度に関するもののため、DWGファイル自体の単位ではありません。

挿入尺度ではなく「作図単位」を変える必要があるので、このダイアログではなく-DWGUNITSコマンドを使用してください。

単位調整後の確認

単位の確認

もう一度-DWGUNITSコマンドを使用して、正しく単位が設定されているか確認します。

1796_20210817_180551

<3>と表示されていますので「ミリメートル」となっていることが確認できました。

寸法の確認

寸法が正しい値となっているか確認します。

17839_20210817_173810

ここでは開口部を計測ツールで計測しました。
「800」となっています。
単位はミリメートルに設定しましたので「800mm」となるので、正しい寸法となっている事が確認できました。

万が一寸法が異なっていた場合はSCALEコマンドを使用し正しいスケールに調整します。
17919_20210817_181917

単位と寸法とともに問題ないことが確認できたら、DWGを保存しmixpaceで変換します。

17922_20210817_182225
正しいスケールで変換することが出来ました。
「ARマーカー位置設定ツール」の3Dエディタでは1mグリッドが表示されますので、正しい大きさとなっているかどうかの目安としてお使いください。