BIM 360連携設定方法

お知らせ・イベント 変換 2021-10-26

お客さまが契約している「BIM 360」と「mixpace」を連携することで「BIM 360」にパブリッシュされているデータを直接「mixpace」に取り込むことができます。これにより「BIM 360」で管理されているBIMデータをシームレスにAR/MR活用することが可能です。

今回は設定方法及び使用方法を説明をいたします。



BIM 360連携初期設定の方法

1.Account Adminページへのアクセス権を持ったAutodeskアカウントでBIM 360 Docsにサインインします。

2.Account Adminページの「設定」→「カスタム統合」を選択し、「カスタム統合機能を追加」をクリックしてください。
もし「カスタム統合」タブが表示されていない場合はAutodeskに問い合わせてアクティベートする必要があります

3.「Document Management」を選択し、「次へ」をクリックしてください。

4.「私は開発者です」を選択し、「次へ」をクリックしてください。

5.「アカウントID情報を安全に保存しました」にチェックを入れてください。

6.「Forge クライアントID」は別途ご連絡するmixpace用のクライアントIDになります。

7.アプリ名は「mixpace」と入力してください。

保存すると初期設定が完了します。

mixpaceに取り込みコンバートする手順

BIM 360連携し、コンバートする手順を説明します

1.mixpace webアプリのメニューより「BIM 360データ連携」をクリックすると連携画面が表示されます。

2.ご自身のAutodeskアカウントでサインインをしてください。

3.アプリケーションのオーソライズを許可します。

4.正しく連携されるとこのような画面になります。

5.BIM 360上のフォルダコントロールで「アップロードのみ」以外の権限が付与されているフォルダが表示されます。

6.左のツリーからビュー名を選択すると3Dモデルをプレビューできます。

7.続いて、mixpace用にデータをコンバートします。コンバートしたい3Dビューにチェックを入れ、コンバート後の3Dモデルを格納したい展開先のプロジェクトを選択します。
「コンバートする」をクリックすればコンバートが開始されます。


8.コンバート中の画面になります。

9.コンバートされました。

コンバートしたい3Dビュー全てにチェックを入れ、展開先のプロジェクトを選択し「コンバートする」をクリックすればまとめてコンバートが開始されます。

HoloLens 2 、iPadにデータをダウンロードしてご活用ください。

その他にも、アプリのご利用法などmixpaceの紹介動画を公開しています。
mixpaceチャンネル