BIM 360との連携機能を正式に提供開始しました

この度、オートデスク株式会社の建設業向け施工管理クラウドサービス「Autodesk BIM 360(以下「BIM 360」)」との連携機能を正式に提供開始しました。

511_%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202022-01-05%2010.00.26

お客さまが契約している「BIM 360」と「mixpace」を連携することで「BIM 360」にパブリッシュされているデータを直接「mixpace」に取り込むことができます。これにより「BIM 360」で管理されているBIMデータをシームレスにAR / MR活用することが可能です。

さらに、クラウド上でレンダリングすることで、超重量級3DモデルをHoloLens 2で表示可能な「mixpace Remote Rendering」オプション を併用すると、数千万から1億ポリゴンクラスの3Dモデルについても「BIM 360」から直接データを取り込み、変換して、AR / MR表示することができます。

5040_7516_%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B31

「BIM 360」連携機能の利用には、「mixpace」のStandard + R プランの契約が必要です。

「BIM 360」連携機能の特長

●「BIM 360」で管理されているBIM データをシームレスにmixpace に取り込み、AR / MR 活用可能
● 「mixpace Remote Rendering」オプションとの併用で、超重量級BIM データもAR / MR 表示可能

※「BIM 360」連携機能の設定・使用方法についてはこちら


ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
今後とも「mixpace」をよろしくお願いします。