サービス利用規約

本規約は、お客様が代表する法人(以下、「お客様」といいます)および株式会社ホロラボ(以下、「当社」といいます)が、HoloLens及びiPad向けデータ自動変換ソリューション「mixpace」(以下、「本サービス」といいます)を、当社がお客様に提供することを目的として本規約を締結するものとします。

本規約は、当社がお客様の本サービス利用者IDを発行した日をもって効力を有します。お客様がアカウント登録時に本規約を承諾した場合、又は当社の提供物にアクセス若しくはこれを利用した場合、お客様は、本規約その他の適用され得る規約を承諾し、かつ拘束力を有する本規約の当事者となることに同意したことを確認します。本規約は、当該同意によりお客様と当社間の法的な契約(以下、「本契約」といいます)として成立します。同意しない場合、お客様は当社の提供物にアクセス又はこれを利用する権利を得られません。

アカウントに関する責任

1.  本サービスの利用を行うため、お客様のアカウントが必要となります。お客様は、お客様又はお客様のアカウントを通じて提供物の取得、アクセス、又は利用を行う者(お客様の使用許諾対象ユーザーを含む)について責任を負います。これは、各使用許諾対象ユーザーがお客様自身と同様に、本規約を遵守(使用許諾対象ユーザーによるそのアカウントの使用を含む)することについてお客様が責任を負うことを意味します。場合によっては、お客様の使用許諾対象ユーザーは、提供物の取得、アクセス、又は利用を行うために、個別アカウントの設定、その他適用され得る規約への同意を求められる場合がありますが、当該要求は、お客様の使用許諾対象ユーザーに対する責任には影響を与えません。

2.  お客様は、お客様のアカウントのセキュリティ及びお客様のアカウントに関連する全ての行為についても責任を負います。これは、お客様が、(i)お客様の使用許諾対象ユーザーに限りお客様のアカウントに関連する提供物を利用することを保証し、かつ(ii)ユーザーID又はパスワードを保護し、(許可されたアカウント管理者以外とは)これらを共有しないことを意味します。お客様がお客様のアカウントの不正使用を疑う場合には https://mixpace.jp/contact に連絡してください。

3.  お客様は、お客様の全てのアカウント情報(お客様による提供物の登録に関連してお客様又はお客様の使用許諾対象ユーザーが提供した情報を含む)は、真実かつ完全であり、継続してそうあることを保証します。

利用料金および支払

本サービスの利用料金ならびに請求および支払の条件は、お客様のリセラーによって設定されます。

成果物の所有権の帰属

お客様若しくはお客様の使用許諾対象ユーザーが作成し、かつ提供物に提出又はアップロードを行ったファイル、設計、モデル、データセット、画像、文書等の素材に対する所有権はお客様が保持します。

サービス利用

本サービスは、ソフトウェア若しくはWebサービス又はソフトウェア及びWebサービス両者の組み合わせが含まれる場合があります。

サービス利用期間

お客様の本サービスの利用期間は有期のものであり、当該期間の長さは、サービス利用申し込み時に示され、お客様のサービス利用案内書その他の提供物IDに反映されることになっています。期間が示されていない場合には、当社のhttps://mixpace.jp/contact/ へご連絡ください。その場合、当社はお客様のサービス利用期間の長さを判断し、確定します。

サービス利用の終了と更新

お客様のサービス利用期間の終了60日前(「mixpace trial」の場合は、2週間前)に、当社よりお客様が契約中のサービス終了日をメールにて通知します。お客様が本サービス利用契約の更新を希望する場合には、お客様のリセラーに連絡し、契約更新の意思を伝えてください。サービス利用契約更新時に、お客様は、新規契約、追加契約、または本規約の変更規約の締結を求められることがあります。

契約期間および解除

本サービスの有効期間は、お客様に通知するサービス利用案内に記載の満了までとします。本サービスの満了または解除後は、お客様は本サービスを利用できなくなります。

解除事由に基づく本サービスの終了

1.  当社は、お客様が以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合、お客様に通知することなく、直ちに本契約および本サービスを終了することができるものとします。

(1)本サービスの申込みおよびその他の手続きにおいて虚偽の事項を通知または記載したことが判明した場合。(2)本サービスを用いて第三者の著作権、商標権等の知的財産権、肖像権もしくは営業秘密もしくはプライバシーを侵害した場合、または第三者の名誉や信用を毀損した場合。(3)公序良俗に反する態様において本サービスを利用した場合。(4)本規約に違反し、その程度が軽微でない場合。(5)その他当社が不適切であると判断する作為または不作為を発見した場合。

2.  当社は、本サービス個別事前相談の結果、その裁量にて、前項に定める事項に該当するおそれがある場合を含め本サービス実施可能性の判断をし、本サービスの受託をしないことを選択できます。

サービス

本サービスには、当社が提供するソフトウェアとWebサービスが含まれます。

ソフトウェア:

1.  お客様が引渡しを要するソフトウェアは、当社の裁量で、お客様のアカウントその他の電子的手段を通じダウンロード向けに提供されるか又は当社若しくは当社許諾した第三者によりお客様へ引渡しが行われます。ソフトウェアの物理的媒体その他の有体物を用いた引渡しについては、追加料金が適用される場合があります。ソフトウェアの引渡しがどのように行われようと、当社は、引渡し遅延又は誤配送を理由としてお客様その他の者が被った損失その他の責任について、これを負担する義務を負いません。

2.  当社がお客様に提供又は引き渡すソフトウェアで構成される提供物については、本規約及び全ての支払い義務の遵守を条件に、当社は、お客様の契約期間中、以下に該当する場合に限りソフトウェアのインストール及び使用(並びにお客様の使用許諾対象ユーザーによるソフトウェアのインストール及び使用の許可)を行うことができる非排他的、サブライセンスの許諾不可、譲渡不可のライセンスをお客様に許諾します。(i)提供物に関するドキュメント及び適用される特別規約(該当する場合)に従った場合、かつ(ii)お客様の契約の範囲内である場合(許可番号、ライセンスタイプ、領土、並びに提供時にお客様が選択したタイプ及びレベルを規定したその他の属性を含む)。お客様は、当該ライセンス及び本規約により許諾された以外のソフトウェアをインストール、アクセス、若しくは使用(又はインストール、アクセス、若しくは使用の許可)を行うことは認められていません。

3.  お客様の契約期間中、当社は、ソフトウェアのアップデート若しくはアップグレードの提供又は引渡しを行う場合があります。当該アップデート及びアップグレードの全ては、当該アップデート又はアップグレードが適用されるソフトウェアと同一のライセンスその他の規約が適用されます。お客様は、契約期間中、お客様に提供された全てのアップデート及びアップグレードを速やかにインストールし利用することが推奨されます。

4.  当社がお客様に提供又は引渡しを行ったソフトウェア(アップデート又はアップグレードを含む)は、契約期間中に限って、ライセンスを許諾されるものであり、販売されるものではなく、かつ反対の趣旨の契約上の禁止にかかわらず適用法により明示的に許可された場合を除き、又は当社が書面で明示的に別段の許可を行った場合を除き、お客様は当該ライセンスの移転又は譲渡を行うことはできません。お客様のWebサービスの契約により、当該Webサービスの提供において使用される基本的なソフトウェアに対するライセンスがお客様に許諾されることはありません。

Webサービス:

1.  本規約及び全ての支払い義務の遵守を条件に、お客様の契約期間中、当該Webサービスをお客様に提供します。お客様は、以下に該当する場合に限り、Webサービスへのアクセス及び利用を行うことができます。お客様のWebサービスはお客様が提供物を取得した国又は裁判管轄内に限った利用向けとなります。お客様は、本規約で許可された以外のWebサービスへのアクセス若しくは利用(又はアクセス若しくは利用の許可)を行うことはできず、当該アクセス又は利用については認められません。

2.  Webサービスは、お客様のコンテンツのセキュリティ維持を支援する目的で設計されたプロセス及び予防措置を利用して提供されます。

3.  当社は、お客様による利用規定の違反または権利侵害の場合の義務の不履行が生じた場合に、Webサービスの使用を一時停止することがあります。当社は、事前通知が合理的な場合には、Webサービスを一時停止する前にお客様に通知します。

4.  当該Webサービスでは、一部の短期利用の場合を除き、マイクロソフト製品を使用したお客様専用のクラウドサービスとして提供し、その場合、本契約にはマイクロソフト顧客契約(以下「本クラウド契約」といいます) を含みます。本クラウド契約は本規約に同意することでお客様と当社との間で締結されるもので、お客様が本規約を受諾した時点をもって有効となり、同時にお客様は当社を本クラウド契約が定めるパートナーとして認定し、本クラウド契約に基づき本サービスの利用上必要な権限を付与するものとします。本クラウド契約はhttp://licensecounter.jp/office365/csp/pdf/terms.pdf から確認できます。

権利の留保

本サービスは、著作権およびその他の知的財産権関連法ならびに国際条約により保護されています。当社は、本規約で明示的に許諾したもの以外のすべての権利を留保します。権利放棄または禁反言の法理により、権利が明示的または黙示的に許諾されることはありません。デバイス上の本ソフトウェアにアクセスしまたはかかる本ソフトウェアを使用する権利は、そのデバイス自体または他のソフトウェアもしくはデバイスに関する特許またはその他の当社の知的財産権を実施する権利をお客様に許諾するものではありません。

制限

お客様は、本規約に従ってのみ本サービスを使用することができます。お客様は、(1) 本サービスのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、もしくは逆アセンブルを行い、またはこのような行為を試みること、(2) 他のライセンス条項が当社の知的財産権もしくはテクノロジに課されるような方法で当社以外のソフトウェアもしくはテクノロジをインストールもしくは使用すること、または(3) 本サービスの技術的な制限もしくは本製品のドキュメントに記載されている制限を回避すること、を行うことはできず、また、これらの行為を行う権利を許諾されません。本規約または本サービスのドキュメントで明示的に許可されている場合を除き、お客様は、本製品の全部または一部の頒布、サブライセンス、レンタル、リース、貸与、再販売または移転を行うことはできず、また、本製品を使用して第三者にホスティングサービスを提供することはできません。

セキュリティ、プライバシー、およびデータ保護

1.  お客様は、本規約に定める事項を円滑に実行するために、当社および当社の代理人が個人情報を処理することを承諾するものとします。お客様は本規約の履行に際し、第三者(お客様の連絡先担当者、管理担当者および従業員ならびにリセラーおよびディストリビューターを含む) に代わって個人情報を当社に提供することがあります。お客様は、当社に個人情報を提供する前に、適用される個人情報保護およびデータ保護に関連する法令に基づき、必要な第三者からの承諾をすべて取得するものとします。プライバシーおよびセキュリティに関する追加条件は当社の個人情報保護方針に規定するとおりとします。

2.  法令により義務付けられた範囲において、お客様は、Webサービスの個々のユーザーに対し、リセラーの要請があった場合または法令により求められる場合に法執行機関またはその他の政府機関への開示を目的としてユーザーのデータが処理される可能性があることを通知するものとし、この件についてユーザーの同意を得るものとします。

限定的保証

ソフトウェア:

1.  当社は、お客様が本ソフトウェアおよびWebサービスの利用権を最初に取得した日から1 年間、当該バージョンが該当する本製品のドキュメントの記載に実質的に従って動作することを保証します。

2.  当該バージョンが上記のとおりに動作せず、お客様がかかる保証期間内にその旨を当社に通知した場合、当該本ソフトウェアを修正または交換します。

Webサービス:

1.  当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供を中断又は停止することがあります。(1)定期的なメンテナンス作業を行う場合。(2)本サービス用設備等の故障により保守を行う場合。(3)運用上又は技術上の必要がある場合。(4)天災地変、大量通信等その他の不可抗力により本サービスを提供できない場合、又は当社及び他のお客様の本サービスの提供・利用に支障若しくは影響がある場合。(5)法令上の規定に基づく場合。

2.  当社は、前項第1号により本サービスの全部又は一部の提供を中止する場合は14日前までに、前項第2号から第5号のいずれかにより本サービスの全部又は一部の提供を中止する場合はその理由、実施期日及び実施期間を当社が適切と判断する方法(ウェブサイト上での表示、お客様に対する電子メールでの通知等の方法を含みますが、これに限定されません。)でお客様に速やかに通知します。但し、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。

3.  当社は、第1項各号に定める事由のいずれかにより本サービスを提供できなかった場合にお客様等が被った損害について、一切その責任を負わないものとします。

4.  当社が、第1項の規定に従って本サービスの提供を中断又は停止した場合であっても、お客様はサービス料金の支払義務を免れないものとします。

5.  当社は、第1項各号に規定の本サービスの提供中断又は停止事由が止んだ、若しくは解消したとき、又はそれらの事由が再発する可能性が低いと当社が判断したときは、本サービスの提供中断又は停止を解除し、本サービスの提供を再開するものとします

対応ファイル形式

本サービスが対応するファイル形式についてはhttps://mixpace.jp/の「対応3DCAD・BIMファイル形式」を参照してください。

お客様による資料の提供

1.  お客様は当社に対し、変換の対象となるCAD/BIMデータを含む、本サービスの遂行に必要な資料等(以下、本資料等といいます)を、当社の指定する方法にて提供するものとします。

2.  前項の他、当社から本サービスの遂行に必要な本資料等の提供の要請があった場合、お客様は、当社に対し、これらを提供するものとします。

3.  お客様が当社に提供する本資料等は、秘密情報も含め、全てお客様の所有に属するものとし、当社は、本資料等をお客様から受領した場合、これを善良なる管理者の注意をもって保管および管理するものとします。

4.  当社は、本サービスの遂行に必要な範囲で、本資料等を複製できるものとします。

5.  お客様が前各項により当社に提供する本資料等に関して、お客様の提供遅延によって当社の本サービスの履行遅滞が発生した場合、当社はその責を免れるものとします。

6.  当社は、本資料等の内容に関して本規約に明確に定めるものを除き一切関知せず、お客様が本資料等の内容に関して責任を負うものとします。

7.  お客様は、不測の事態に備え、自ら本資料等を修復可能なようにデータのバックアップ等適切な処置を講ずるものとします。

8.  本資料等が、滅失、毀損、または当社の責めに帰さない事由にて漏洩した場合といえども、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、当社は、いかなる責任も負わないものとします。

9.  当社は、お客様から提供を受けた本資料等を本規約「サービス利用終了時のデータの削除」に基づき削除・廃棄するものとします。

本サービス個別事前相談・資料等の変更

1.  お客様および当社は、本サービス実施の条件を確認するため、お客様が前条に従って当社に提供する本資料およびテスト変換用CAD/BIMデータ等に基づき、本サービスによるデータ変換結果イメージの確認、本規約上の制限の確認、資料等の変更必要性の検討等を含む個別事前相談を実施するものとします。

2.  お客様および当社は、本サービス個別事前相談の結果、本資料等の内容およびその他本サービス実施の条件に合意した場合、販売代理店を通じて正式注文の手続に移るものとします。

3.  お客様または当社は、本サービス個別事前相談の結果、本資料等の変更が必要であると認めた場合、その変更の内容、理由等を相手方に通知することによって、本資料等の変更を提案することができるものとします。

4.  本資料等の変更は、前項の提案に基づき、お客様当社協議により変更内容を合意したうえで、お客様が変更内容を反映させた本資料等を新たに作成することにより行われるものとします。なお、新たに作成された本資料等の変更・管理の責任はお客様に帰するものとし、当社は、当該本資料等の変更・管理の責任は負わないものとします。

5.  お客様および当社が本資料等の内容(変更内容を含む)またはその他本サービス実施の条件に合意できない場合は、当社は、相手方への通知をもって、本規約の終了および本サービスの提供を終了することができます。

6.  当社は、本サービス個別事前相談の結果、その裁量にて、前に定める禁止事項に該当するおそれがある場合を含め本サービス実施可能性の判断をし、本サービスの受託をしないことを選択できます。

7.  お客様が当社に提供する本資料等は、本規約で定義する秘密情報も含め、全てお客様の所有に属するものとし、当社は、本資料等をお客様から受領した場合、これを善良なる管理者の注意をもって保管および管理するものとします。

8.  当社は、本サービスの遂行に必要な範囲で、本資料等を複製できるものとします。

9.  お客様が前各項により当社に提供する本資料等に関して、お客様の提供遅延によって当社の本サービスの履行遅滞が発生した場合、当社はその責を免れるものとします。

10.         当社は、本資料等の内容に関して本規約に明確に定めるものを除き一切関知せず、お客様が本資料等の内容に関して責任を負うものとします。

11.         お客様は、不測の事態に備え、自ら本資料等を修復可能なようにデータのバックアップ等適切な処置を講ずるものとします。

12.         本資料等が、滅失、毀損、または当社の責めに帰さない事由にて漏洩した場合といえども、その結果発生する直接あるいは間接の損害について、当社は、いかなる責任も負わないものとします。

13.         当社は、お客様から提供を受けた本資料等を本規約「サービス利用終了時のデータの削除」に基づき削除・廃棄するものとします。

サービス利用終了時のデータの削除

1.    当社は、原因の如何を問わず、本サービスの利用契約が解約された場合又はお客様が本サービスの利用を終了した場合、直ちに当該サービス内のお客様データを削除することができるものとします。

2.    当社は、前項に基づくお客様データ、ソフトウェア等の削除によりお客様に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

不可抗力

お客様および当社は、地震、津波、火災、洪水、台風、竜巻、またはその他の天災地変、テロ行為、戦争・騒乱、ストライキ、法令改正、行政行為、もしくはその他本規約の当事者の支配の及ばない事由によって生じた、本規約に定める各自の義務の不履行または履行の遅延に対して、相手方に対し責任を負わないものとします。

第三者の権利侵害

お客様または当社と第三者との間に、本資料および画像データに関し第三者の権利侵害に関する紛争が生じたときには、お客様が自己の責任と費用負担においてこれを解決するものとします。

損害賠償責任

お客様が本サービスを利用するにあたり、当社の責めに帰すべき事由により、お客様に損害が発生した場合、当社は、当該事由の直接的結果として現実にお客様に発生した通常の範囲内の損害に限り、その賠償の責を負うものとします。但し、お客様が本サービスを自己または他人のサービスとして第三者に利用させたことに起因してお客様または第三者に損害が生じた場合については、当社は一切責任を負わないものとします。損害賠償の総額は、本契約に定める本件業務の対価の金額を上限とします。また、故意または重大な過失に基づく損害賠償については適用しないものとします。

責任

お客様は、自己の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の行為及びその結果について一切の責任を負います。

当社お客様が本サービスの利用により得た画像データにより他人の名誉を毀損した場合、プライバシー権を侵害した場合、許諾なく第三者の個人情報を開示した場合、著作権法に違反する行為を行った場合そのほか他人の権利を侵害した場合には、当社お客様は自身の責任と費用においてこれを解決しなければならず、お客様当社は一切の責任を負いません。

機密保持

1.  1.本契約に関連して、相手方から秘密である旨を指定された情報(以下、秘密情報といいます。)を受領する当事者(以下、受領当事者といいます。)は、秘密情報につき秘密を保持し、情報を開示した当事者(以下、開示当事者といいます。)の事前の書面による承諾を得ずに、これを第三者に開示または漏洩しないものとします。ただし、以下のいずれかに該当する情報は、秘密情報の定義から除外します。

(1)開示の際、すでに公知となっていた情報。(2)開示後、受領当事者の責めによらずに公知となった情報。(3)開示時に、既に受領当事者が所有していた情報。(4)開示後、受領当事者が秘密情報に触れることなく独自に開発した情報。(5)開示後、受領当事者が第三者より秘密保持義務を負うことなく正当に取得した情報。

2.  2.前項の規定にもかかわらず、当社は、本サービスの再委託先に対しては、本項の義務を課すことを前提として、本サービスまたは本規約に関連する目的においてお客様の秘密情報を開示できるものとします。

3.  3.本条第1項の規定にかかわらず、受領当事者は、裁判所や行政機関の命令等法律に基づき秘密情報を開示する必要のある場合には、秘密情報を開示できるものとします。この場合、受領当事者は開示当事者に対して、その旨を書面で事前に通知するとともに、開示の範囲を最小限にするよう努めるものとします。

反社会的勢力との関係排除等

1.お客様および当社は、自己、自己の役員(名称の如何を問わず、経営および事業に支配力を有する者をいいます)若しくは業務従事者または本規約の媒介者が、次の各号の一つにも該当しないことを誓約します。

(1)暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業・団体、総会屋、社会運動・政治活動標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる反社会的勢力(以下、これらを総称して「反社会的勢力」といいます)であること。

(2)反社会的勢力が出資、融資、取引その他の関係を通じて、自己の事業活動に支配的な影響力を有すること。

(3)反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。

(4)自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的、または第三者に危害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること。

(5)反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与していると認められる関係を有すること。

(6)反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること。

2.お客様および当社は、本規約における各自の義務の履行が反社会的勢力の運営に資することがないこと、またはその活動を助長するおそれがないことを誓約します。

3.お客様および当社は、次の各号に該当する事項を行わないものとします。

(1)反社会的勢力を利用し、または反社会的勢力に対して資金、便宜の提供若しくは出資等の関与をする等、反社会的勢力と関係を持つこと。

(2)自ら若しくは業務従事者または第三者を利用して以下の行為を行うこと。

① 詐術、暴力的行為または脅迫的言辞を用いるなどすること。

② 事実に反し、自らが反社会的勢力である旨を伝え、または関係団体若しくは関係者が反社会的勢力である旨を伝えるなどすること。

③ 相手方の名誉や信用等を毀損し、または毀損するおそれのある行為をすること。

④ 相手方の業務を妨害し、または妨害するおそれのある行為をすること。

4.お客様または当社は、相手方が本条の規定に違反した場合、何ら催告等の手続を要せず、本規約を解除することができるものとします。この場合、お客様または当社は相手方に対して、その名目の如何を問わず、金員の支払その他経済的利益の提供の義務を負担しないものとします。

権利義務の譲渡等

お客様は、本規約により生ずる権利または義務を第三者に譲渡し、または承継させてはならないものとします。但し、当社の書面による事前の承諾を得た場合はこの限りではありません。

準拠法

本規約の成立、効力、解釈および権利の得喪についての準拠法は、日本国法とします。

協議

お客様および当社は、本規約に定めのない事項または解釈上の疑義については必要に応じ協議して定めるものとします。

管轄裁判所

お客様および当社は、本規約に関する紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

自己サービスとしての利用の禁止

お客様は、当社の事前の書面承諾なくして、本サービスを自己または他人のサービスとして第三者に提供してはならないものとします。

本規約の変更

当社は、本契約の有効期間中に本規約を変更する場合は、本ページに変更内容を掲載するなどの方法で、お客様にその変更を通知するものとします。お客様がかかる変更内容に同意した場合は、変更後の本規約が適用されます。

以上

(公開日:2020年2月28日)